返済方法によっては大きな差が??

マイホーム

マイホームの購入後の住宅ローンの返済方法にはいくつかのタイプがあります。

まず、通常の毎月の返済方法には
元利均等返済方法と元金均等返済方法の種類があります。

元利均等返済方法は毎月の支払が一定であり、
返済計画が立てやすく将来のライフプランへの影響も少ないでしょう。

返済額には元金と利息分が含まれていますが、元利金等返済方法では
まず返済額から利息分に充当され、
残りが元本の返済に充当されるため元本がなかなか減りません。

一方、元金均等返済方法は元金分が一定であり、
そこへ利息分をプラスするので最初は返済額が多くなってしまいます。

しかし、最終的には元金返済方法方式の方が返済期間が短く、
元金の返済スピードも早くなります。

まとまったお金が入ったら別で返済することも可能

又、住宅ローンには繰り上げ返済という制度があり、
まとまったお金を取得した場合、毎月の返済のタイミングとは別にローンを返済することができます。

繰上げ返済を行い元金を少しでも減らすことができれば、利息が減り返済の負担を軽くすることができるのです。

繰上げ返済を申し込むには、手数料が必要になる場合があるので事前に取引先と相談しておく方がいいでしょう。

しかし、繰上げ返済に固執してしまい、預貯金や退職金などをつぎ込んでしまうと 老後資金にしわ寄せが来るなどのトラブルが考えられるため、無理な返済は控えましょう。

さらに住宅ローンの契約時にはボーナス時返済を組み込むことができ、 賞与月には支給されたボーナスから一部を充当する制度があります。

これにより返済期間を短くしたり、毎月の返済額を抑えることができますが、 現代の不安定な経済情勢の中では、あまりボーナス返済を当てにしないほうがいいでしょう。

このように住宅ローンの返済方法にはいろいろな方法がありますので、
それぞれの特徴をよく理解して無理の無い賢い返済方法を見つけましょう。