マイホームを建てる時や売る時に考える損得のナゾ

特にマイホームを購入する時にどんな事が考えられるか

マイホームを購入したものの、
転勤や家庭事情により今住んでいるマイホームを手放さなくてはいけないケースは珍しくありません。

その時マイホームを売却して次の住まいは賃貸にする人もいますが、
今回はマイホームを買い換えるケースで損得を考えたいと思います。

まずマイホームを買い換える場合は、次のマイホームを見つけなければいけません。

そして、次のマイホームが見つかれば、
新しいマイホームを購入するための資金計画を立てるのですが、
大体の人が現在住んでいるマイホームの返済も途中であるため二重のローン返済期間が発生します。

さらに不動産登記料や申請料などの初期費用が掛かり、
最初は固定資産税も2物件分を支払わなければいけません。

現在住んでいるマイホームの売却手続きも同時に進めていき、
誰かに買ってもらうことができれば、
売却して得られたお金は新しいマイホーム購入に係る資金に充当することができます。

さらに新しいマイホームを購入する際に発生する諸費用も含めて返済を組むことができるローンもあるので、
自己資金が少なくても安心できます。

但し、新しいマイホームが先に見つかり、順調に引越し等の段取りも進めば問題ないのですが
先に現在住んでいるマイホームが売却されてしまった場合、住む場所が無いため仮住まい生活を送らなければいけません。

短期間ですが、礼金や敷金などの支払も発生するため十分な資金が無ければ苦しくなるでしょう。

マイホームの買い替えを行う時は新しいマイホームの購入と
現在のマイホームの売却のタイミングを出来る限り近づける事がポイントなのです。

とは言っても、不動産売買のプロでもマイホームの買い替えのタイミングを調整することは難しいため、
仮にマイホームの買い替えを検討しているのであれば入念な事前計画を立てることをお勧めします。