マイホームから賃貸住宅に住む際の損得について紹介していきます

事情で賃貸に変える前に損得をじっくり考えて
マイホーム

まずマイホームから賃貸に住み替えるあたり、マイホームをどうするかを考えなければいけません。

とりあえず急いで賃貸に住み替えなければいけない場合は、 新しい賃貸物件を出来る限り早く見つけて引越しの段取りをしなければなりません。

賃貸物件を借りる場合は、マイホームの住宅ローンの毎月の返済料金ではなく家賃を支払わなければならなくなります。

賃貸物件の家賃は立地条件等によっても価格差はありますが、 住宅ローンの返済額とさほど変わらないケースが多いようです。

それも低金利が長く続いている経済情勢が影響しているためですが、住宅ローンの返済額と変わらないのであれば、 マイホームの方がいいと思ってしまいませんか。

しかし、思い出してみるとマイホームに住んでいた頃は毎年徴収される固定資産税や マンションであれば管理組合費や修繕積立費などの徴収が別途あったため、意外と毎月の出費が大きかったと思います。

⇒ その点賃貸物件の場合は、基本的には家賃と管理費だけで済みます。

又、賃貸住まいはライフスタイルの変化に合わせて、いくらでも住まいを変えることができます。

家族の人数が増えたら、部屋数が多い賃貸物件に引っ越せばいいですし、 老後には高齢者向けサービス付き賃貸住宅などの賃貸物件もあり、その時のニーズに合わせた住まいを自由に選べることができます。

但し、賃貸であるため自分の資産ではない事に満足感を得られない人もおられますが、 何を重要と考えるかによって賃貸への住み替えの考え方も変わってくるでしょう。