資産の上手な運用はズバリ、ファイナンシャルプランナーに

マイホームを購入したものの、こんなはずじゃなかったと後悔している人は意外と多いものです。

マイホームを購入する人は誰でも最初は初心者で、知識が乏しいのは当たり前です。

しかし、不動産に関することや住宅ローンに関すること、 建物の建築に関することなど多くの専門的な内容について決定していかなければいけません。

良心的な企業の担当者であれば、ひとつひとつ分かりやすく説明をしてくれるのですが、 こちらが素人であることをいいことに都合の悪いことは隠して、費用を高めに言ってくる企業もあるでしょう。

よくある例として、マイホームを購入する際に必要となる諸費用ですが、 この諸費用の内訳をきちんと説明しない業者が多く、しかも後になって追加の諸費用を徴収してくる業者もいます。

知識が無ければ、その諸費用が本当に必要なのかどうかを判断することはできません。

さらにもうひとつよくある例として、住宅ローンの返済計画を自分たちで大雑把にシミュレーションした結果、 数年後に返済不能になるケースです。

将来のことは経験していないので想像できないのは当たり前ですが、安易な計画では破綻してしまいます。

マイホームの修繕計画や子供の学費、自分たちの老後など人生の出来事をしっかりと把握し、 その時に必要な費用をシミュレーションすることで現在の収支と比較したローン返済を検討することができます。

しかし、それらを自分たち一からするのは大変時間が掛かります。

そこでFP(ファイナンシャル・プランナー)と呼ばれる住宅ローンや税金、
不動産などの幅広い知識を持ったアドバイザーに相談しましょう。

FPに相談するためには1万~3万円ほどの相談料が必要になりますが、
失敗しないマイホーム購入を実現するためには大きな安心となるでしょう。

FPに相談せずに自分たちでマイホームを購入の計画を進めるにあたり、
リスク管理をするためにはFPに相談することが将来的にお得になるでしょう。