ローンの利息を考えたら頭金を入れるほどもちろんお得です

マイホームを購入する際に頭金はどのくらい用意すれば、お得になるのでしょうか。

一般的にマイホームを購入する際には、数千万円の資金を用意しなければいけません。

しかし、個人で数千万円を一括で支払うというのは稀であり、
基本的には住宅ローンを申し込みますね。

例えば、住宅ローンで3,000万円を30年ローンで借りられたとします。

住宅ローンとは単純に1年で100万返済すれば
30年後には3,000万円完済できるというものではなく、返済には金利が発生するのです。

しかも、多額の金額を長期間に渡って返済するため数パーセントの金利であっても、
数百万円以上の返済額が上乗せされます。

そこで、頭金として自己資金を最初の段階で支払っておくことで
返済総額を少なくしたり返済期間を短くすることができます。

もちろん返済総額が少なくなったり、返済期間が短くなれば余計な金利を支払わなくても済みます。

バナー画像

そのため、自己資金をある程度貯めておられる方は
マイホーム購入時に出来る限り頭金を支払う傾向にあります。

但し、ここで注意しなければいけないのがせっかく貯めた自己資金を ほとんど頭金に入れてしまうということは、 貯蓄がその分少なくなったということです。

マイホームを購入後に何かしらのお金が必要になり
貯蓄が無くて困ったという話は案外珍しくありません。

確かに毎月の返済額は少なくなったり返済期間が短くなるのは事実ですが
有事への蓄えが無くなるのは不安です。

ある人は十分な自己資金はあるものの、頭金には少ししか入れず住宅ローンを組んでいます。

やはり何かあった時に貯蓄があるのと無いのでは精神的な余裕が違いますし、
現状の低金利時代であれば、さほど気にならないという考え方なのでしょう。

頭金の考え方も人によってそれぞれ異なりますので、
将来的な自分のライフビジョンを見据えて選択しましょう。