どんな点が住宅ローンで得か損か

マイホームを購入する際にほとんどの方が住宅ローンを利用すると思います。

そして、おそらく住宅ローンを利用することが初めての方ばかりでしょう。

従って、何が自分にぴったりな住宅ローンなのか、
返済計画にはリスクは潜んでいないかを判断することは難しいと思います。

無理な返済計画で住宅ローンを契約してしまい、返済不能になってしまうこともあります。

住宅ローンで損をしないためには、住宅ローンの種類や予備知識をしっかりと勉強しておく必要があります。

住宅ローンには固定金利型、変動金利型、固定金利期間選択型の3タイプがあります。

① 固定金利型

固定金利型とは返済期間の終了時まで契約時の金利で返済していくタイプであり、
将来に渡ってライフプランを計画しやすいというメリットがあります。

但し、契約時の金利が高かった場合は
ローン返済終了時まで高金利で返済し続けなければいけないのがデメリットです。

② 変動金利型

変動金利型は最初の借入れ時の金利は固定金利型よりも低く設定されており、
比較的短期間のローン返済に向いています。

変動金利型は半年ごとに金利が見直される仕組みになっており、金利が上昇すればその分返済額も上昇します。

③ 固定金利期間選択型

そして、固定金利期間選択型は一定の期間の金利を固定してローンを組むタイプであり、
一定期間は安定して返済計画を立てることができますが、
契約満了時にまだ残額が残っている場合は再度契約をしなおさなければいけません。

その時に再度、固定金利期間選択型を選択しても変動金利型に変更してもいいのですが、
その辺りは家計と金利に相談しなければいけません。

まとめますと・・・

返済期間が長期間になると言う事はその分金利分を支払わなければいけないため、
自己資金に余力がある方は返済額を少なくして、変動金利型でいいでしょう。

自己資金が少ないものの、毎月の収支に余裕がある方は固定金利型を選択し、
安定したライフプランを計画するのがお勧めです。

住宅ローンを契約する際に最も重要なことは無理な返済計画を立てないことです。

マイホームを手に入れられる事はお得かもしれませんが、
返済が行き詰って損をする事が無いように慎重に返済計画を練って自分に合った住宅ローンを選びましょう。