マイホームを建てる時や売る時に考える損得のナゾ

マイホームを購入する際に知っておきたいのが保険の損得についてですね。

マイホームを購入する際に必ず掛けておかなければいけないのが火災保険です。

もしマイホームで火災が発生し、建物が焼失してしまった場合の損害を補償するための保険が火災保険ですが、火災保険といっても各社で様々なオプションが付随しているため、その保険対象も異なります。

まず焼失してしまった、又は火災により損害を受けた建物については保証されますが、 建物の中にある家具や家電製品についてはどうでしょうか。

家具や家電製品、貴金属、骨董品などの住人がマイホームの中で大切にしていたものを家財として扱われ、 もし家財一式が焼失してしまった場合、その損害額は数百円から数千万と言われています。

マイホームが焼失してしまった損害も大きいですが、家財の損害も大きいものです。

従って、火災保険には家財の損害も補償範囲に含めているサービスがありますので、 もちろん保険金の月額料は上がりますが、もしものために家財に対しても火災保険を掛けておいた方がいいでしょう。

そして、阪神大震災の時に大きな問題となったマイホームの地震保険です。

地震や噴火、津波などが原因の火災には火災保険は適用されません。

そのため、火災保険とは別に「地震保険」への加入が増加し始めたのがあの頃です。

そして、最近では異常気象による様々な被害が増加しています。

ゲリラ豪雨による床下浸水や床上浸水、竜巻による突風被害、雹や雪などの雪害など予想もつかない自然災害が増えてきています。

さらに、空き巣などによる盗難被害やマンションなどで給排水設備が故障し、 下の階にまで浸水してしまった場合の損害補償など、マイホームに関わる被害や損害問題というものは様々なのです。

そこで、保険会社ではそれらの様々な被害や損害問題をトータルに保証する総合住宅保険というサービスを提供しています。

火災保険や地震保険、損害賠償保険などの別々に契約すると、 それぞれの保証内容でどうしても条件が重複する部分があり、もったいないことになります。

総合住宅保険であれば、保証内容をしっかりと分類分けし、漏れがない様にしっかりとカバーしているので安心です。

マイホームを購入するのであれば、総合住宅保険に加入すればお得です。