購入の前にマイホームと賃貸暮らしの損得を見比べる

あなたはマイホーム派ですか、それとも賃貸派ですか。

この議論を始める時に大前提となるのが、
どちらが最終的に金銭面で得なのかということです。

≪ 結論から言わせてもらうと、マイホームでも賃貸でも損得に差はありません ≫

賃貸物件の家賃と同じぐらいの支払額でローンを組めば、マイホームが買えるという話をよく耳にします。

確かに現在の建設費の低価格化と低金利化を考慮すると、
賃貸物件の家賃を払い続けるのが馬鹿らしく思えてしまいます。

しかし、マイホームを持つということは毎月のローンを払っていけばいいだけではありません。

マイホームを所有するということは、固定資産税を毎年納めなければいけないことを案外忘れている人が多く、
その他にも修繕積立費や管理費も賃貸に比べると上がってしまうのが一般的です。

さらに何かしらの故障や損壊などは全て実費で修理しなければいけません。

意外とマイホームを持つということはお金が掛かるということを覚えておきましょう。

一方、賃貸は毎月数万円から十数万の家賃を支払い続けますが、自分のものにはなりません。

何となく他人の家に住んでいるという感覚があり、心なしか満たされない感じがします。

しかし、結婚をして家庭を築き、家族の人数が増えれば
新しい家族構成に適した賃貸物件に移れば、解決することができます。

自分のライフスタイルに合わせて、自由に住まいを選択することができるのが賃貸の良いところでしょう。

このようにマイホームと賃貸の損得は人によって感じるところが異なりますので、
周囲の意見に惑わされず、自分に合った選択肢を選びましょう。