損得に大きな差が出るマイホームを売る時について

不動産業者への早めの相談を
食卓

夢のマイホームも何かしらの理由で
売却しなければいけない場合もあります。

新しいマイホームを建てるために
現在住んでいる方を売却する場合や
子供の独立や離婚など様々な人生の節目で
マイホームの売却が検討されるケースは
珍しくありません。

しかし、マイホームを売却すると言っても
何をすればいいのか、
知らない人の方が多いと思います。

そこでマイホームを売却するまでの
一連の流れを説明したいと思います。

まずは一体マイホームがどのくらいの値段で
売却することができるのかを査定してもらうために
不動産業者に問い合わせましょう。

そして、マイホームを買ってもらうために仲介業務を契約します。

不動産業者にマイホームの売却を依頼することを媒介契約と呼び、この契約は書面にて行われます。

媒介契約には3種類あります。
・ 一般媒介契約・・・何社にも依頼することができる
・ 専任媒介契約・・・他の不動産業者には依頼できないが売主本人が見つけてきた相手とは売買が可能
・ 専属専任媒介契約・・・専任の不動産業者が見つけてきた相手としか売買が出来ない

不動産業者には物件情報データベースへの登録や折込チラシ、
歩スティングなどの営業活動を担当してもらい買主を探してもらいます。

その間、マイホームの売主側もマイホームの掃除や補修などの準備を進めておく必要があります。

そして、購入希望者が現れれば、現地見学も実施されますので、そちらの対応を売主で行う場合もあります。

売却のタイミングは予測が付かず、一瞬で売却されるケースもあれば、何年待っても売れないケースもあります。

マイホームの状態や立地条件、
そして価格設定がどのくらい市場に反映しているのかを
不動産業者をよく相談して決めましょう。