どんなパターンで相続があるのか

親の家を遺産相続する場合

自分の親が亡くなった時に遺産相続が発生する場合があります。

基本的には法律上、相続が認められている対象者で遺産分割の協議を行うのですが、
故人の遺言が無いケースではトラブルが多発しています。

特にマイホームや土地などの不動産の遺産相続については
生前にしっかりと話し合いをしておかないと揉める原因となります。

不動産は現物であるため、
一概に分割するといっても評価が難しく遺産相続のトラブルで最も多い原因のひとつです。

特にマイホームには故人と長年寝食を共にしたという感情的な心理もあり、
機械的な計算ができない場合が多いのです。

では、どのような相続の方法が得なのかを考えてみましょう。

マイホームなどの不動産を分割して相続する方法として、まず現物のままで分割する方法があります。

土地であれば分筆をすることできちんと分配することが出来るのですが、
マイホームとなると物理的な分配が難しいため、この方法は稀です。

次にマイホームを売却し、
現金に換金してから分割する方法があり、これであれば分配が容易であり、
比較的ポピュラーな相続方法です。

さらに別の方法としてマイホームを相続人のうちの一人が取得し、
他の相続人に対しては対価分の金額を支払う方法があります。

これについては、思い出のあるマイホームを残す事が出来ますが正当な不動産評価額を算出しないと
他の相続人への分配金の事で揉めることになるので注意しましょう。

いずれの遺産相続に関する分割についても、生前にしっかりと話し合いをし、遺言でも明確にしておくことが大切です。