いっそ損得なんて考えなくてもいい?

マイホームは簡単には手放せないことを念頭に
マイホーム

マイホームを購入するのが得なのか、
賃貸のままが得なのか最初は誰でも悩んでしまうと思います。

古き良き日本の考え方では、自分の住まいを手に入れることが
一種のステータスとして考えられていたため、
マイホームの購入を夢見ている人はたくさんいるでしょう。

しかし、果たしてマイホームを購入することが本当に得なのか。

マイホームを購入するということは一国一城の主になれるため、
何と言っても満足感と優越感を得られます。

一般的には住宅ローンを組み、
長期間の返済が必要になりますが、
自分の資産として扱うことができるのです。

但し、マイホームは一度購入してしまうと
簡単には手放すことができません。

転勤などで職場が変わっても、マイホームは付いてきてくれないので
単身赴任することが多いでしょう。

又、マイホームを持つということは様々な経費が掛かること
を意外と考慮していない人が多いのです。

まず土地および建物を所有したことにより、固定資産税を国に払わなければいけません。

さらに購入したときは新品のマイホームでも住み続けていけば、至る所が壊れてきます。

傷や損壊などの修繕費用はもちろん自分で支払わなくてはいけません。

賃貸物件は固定資産税や修繕費などは管理費などで
調整されているはずなので、個人で支払う必要はありません。

さらに賃貸物件であれば、急な転勤であっても
次の賃貸物件さえ見つかれば、あとは引越し業者にお任せです。

マイホームと賃貸では最終的な金銭面での差はそれほど無いと言われています。

とすると、損得を判断するのは金銭面ではなく、もはや気持ちの問題ではないでしょうか。